愛知県フィルムコミッション協議会

海賊とよばれた男

2016.12.10

カテゴリ:
  • 映画

監督 山崎 貴
制作(配給/放送) 東宝
Webサイト http://kaizoku-movie.jp/
主なロケ地 葛利毛織工業株式会社
愛知県庁
紹介コメント

(c)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (c)百田尚樹/講談社

明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐡造(くにおかてつぞう)の姿を描いた「海賊とよばれた男」(百田尚樹著/講談社文庫)。この実話を元にした壮大な大河エンターテインメントは、2013年に第10回本屋大賞を受賞、現在までに上下巻累計発行部数420万部を超える大ベストセラーとなっています。
そして、本作の映画化にあたり、2014年年間邦画興行収入ランキング第1位に輝いた国民的大ヒット映画『永遠の0』のチームが再集結!メガホンを取るのは、『永遠の0』をはじめ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『STAND BY MEドラえもん』など、これまでに多くの感動作を生み出してきた稀代のヒットメーカー・山崎貴。主演の国岡鐡造役には、第38回日本アカデミー賞にて、男優では史上初となる最優秀主演男優賞(『永遠の0』)、最優秀助演男優賞(『蜩ノ記』)のW受賞の快挙を成し遂げた岡田准一。さらに、これまでの山崎監督作品を彩ってきた吉岡秀隆、染谷将太、堤真一といった実力派俳優陣に加え、本作で初参加となる綾瀬はるか、鈴木亮平、小林薫など、日本映画界を代表する豪華キャストの競演が実現。
あの時代、誰よりも“日本人の誇り”を追求し、“海賊”とよばれ恐れられた国岡鐡造と、彼を支える仲間たち、そして最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマが、この冬、今を生きるすべての日本人に感動と勇気を与えます。

出演
岡田准一
吉岡秀隆 染谷将太 鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧
須田邦裕 飯田基祐 小林隆 矢島健一/黒木華
浅野和之 光石研
綾瀬はるか 堤真一 近藤正臣(特別出演)/國村隼
小林薫

原作
百田尚樹「海賊とよばれた男(上下)」(講談社文庫)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換